講演・セミナーSEMINNAR

TOP > 講演・セミナー

セミナースケジュール

※今後、内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:00
  • 17:00

展示会場ステージ

10:45〜11:30

第19回川崎ものづくりブランド認定式

川崎ものづくりブランド推進協議会

13:00〜14:00

低CO2川崎ブランド'22 認定式

低CO2川崎ブランド等推進協議会

14:05〜14:45

花王のESG取組み 環境調和活動について

花王グループカスタマーマーケティング株式会社 社会コミュニケーション部門
KLP推進部 部長

松田 紀子 氏

14:50〜15:20

川崎市ESGファイナンスモデル事業報告会

川崎市経済労働局イノベーション推進部

15:30〜16:00

カーボンニュートラルコンビナート形成に向けた川崎市の取組

川崎市臨海部国際戦略本部成長戦略推進部

16:00〜16:30

ENEOSの水素社会実現への取組

ENEOS株式会社
水素事業推進部 国内水素サプライチェーングループ
グループマネージャー

中川 幸次郎 氏

大会議室第1~3

14:00〜16:00

第19回川崎国際エコビジネスフォーラム
循環型経済社会におけるプラリサイクル都市の構築に向けて(仮)

中会議室第1~3

14:00~16:00

SDGsセミナー [事前申込制]
①これからの中小企業経営とSDGs
②社会視点から商品や事業の価値を高める「SDGsマーケティング」
③質疑応答&ディスカッション

法政大学 デザイン工学部 教授

川久保 俊 氏

一般社団法人日本能率協会 主任講師

中川 優 氏

  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:00
  • 17:00

大ホール

10:30〜11:15

海外のSDGsへの取組と、いま日本に必要な考え方

国際ジャーナリスト

モーリー・ロバートソン 氏

11:20〜12:00

SDGsの視点から取組を考える

慶應義塾大学大学院 特任助教

高木 超 氏

14:00〜14:30

真のサステナブルとは?『共創』について考える

株式会社arca CEO、Creative Director

辻 愛沙子 氏

14:40〜15:40

「サステナブル実現の鍵を解く」若手実走者たちのパネルディスカッション

株式会社arca CEO、Creative Director 辻 愛沙子 氏

ビジョナリー・ストラテシジスト 伊達 ルーク 氏

化学者・発明家 村木 風海 氏

組織変革ファシリテーター 山岡 仁美 氏

展示会場ステージ

10:30〜11:00

ジェトロの海外展開支援に関する取組のご紹介

日本貿易振興機構(JETRO)

11:00〜11:30

JICA民間連携事業に関するJICA実務者と民間企業担当者の本音

国際協力機構(JICA)、ムラタ計測器サービス株式会社

11:30〜12:00

スタートアップへの期待とNEDOの支援事業について

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

13:00〜13:50

「みぞのくち」から始まる 脱炭素アクション!

アマゾンジャパン合同会社、富士通株式会社、地球温暖化防止活動推進センター、川崎市環境局脱炭素戦略推進室

14:00〜14:30

海外事業計画作成のポイント~持続可能な海外展開のために~

中小企業基盤整備機構

15:40〜16:00

川崎市と民間事業者で目指す脱炭素社会実現に向けた行動変容実証の取組

富士通株式会社
未来社会&テクノロジー本部

南後 有希 氏

  • 11月17日時間未定研修室A

    Coming soon

  • 11月17日時間未定研修室B

    Coming soon

  • 11月18日時間未定研修室A

    Coming soon

  • 11月18日時間未定研修室B

    Coming soon

講演・セミナー一覧

11月17日

10:45 - 11:30展示会場ステージ

第19回川崎ものづくりブランド認定式

川崎ものづくりブランド推進協議会

主催 川崎ものづくりブランド推進協議会

川崎ものづくりブランド推進協議会では、川崎市内の中小製造業等から生まれた製品・技術のうち、独自性、先進性、品質管理力、販売実績、将来性、環境・社会貢献性等の面で優れたものを「川崎ものづくりブランド」として認定しています。第19回目の認定となる今年度、新たにブランドに認定された製品・技術を表彰します。

川崎ものづくりブランドHP
https://www.k-monobrand.com/

13:00 - 14:00展示会場ステージ

低CO2川崎ブランド認証式

川崎ブランド等推進協議会

主催 低CO2川崎ブランド等推進協議会

ライフサイクル全体(原材料の調達、生産、流通・販売、仕様・維持管理及び廃棄・リサイクル)を通じて、従来製品等と比較しCO2が削減された製品・技術、サービスの認定式を行います。

低CO2川崎ブランド等推進協議会HP
https://www.k-co2brand.com/

14:00 - 16:00中会議室第1~3

成長戦略として考えるSDGsとは
~"本業で儲けるSDGs"を推進するために~

世間で一般的になってきたSDGsは、環境に配慮するというイメージが強いですが、中小企業がSDGsに取り組むとはどういうことでしょうか?SDGsは、環境のみではなく様々な社会の課題を解決しながら、ビジネスとしても成長していく、成長戦略のツールとして捉えることができます。
第1部では中小企業が「本業として」SDGsに取り組む重要性やメリットについて、第2部ではSDGsを起点に"将来の社会課題"や"2030年の顧客ニーズ"を読み解き、先取りする「SDGsマーケティング」について解説します。その後、インターネットを活用した参加者とのディスカッションを行いますので、スマートフォン、PC等をご持参下さい。

※本セミナーは、事前申込制となります。ご参加を希望される方は、以下URL内「お申込みはこちらから」よりお手続きください。
https://www2.jma.or.jp/kawasaki/index.php

  • 川久保 俊 氏

    スピーカー 法政大学
    デザイン工学部 教授
    川久保 俊 氏

  • 中川 優 氏

    スピーカー 一般社団法人日本能率協会
    主任講師
    中川 優 氏

14:05 - 14:45展示会場ステージ

花王のESG取組み 環境調和活動について

松田 紀子氏

スピーカー 花王グループカスタマーマーケティング株式会社 社会コミュニケーション部門
KLP推進部 部長
松田 紀子氏(まつだ のりこ)

Coming Soon

15:30 - 16:00展示会場ステージ

カーボンニュートラルコンビナート形成に向けた川崎市の取組

篠原 顕

スピーカー 川崎市臨海部国際戦略本部
成長戦略推進部 担当課長
篠原 顕

川崎市では、平成27(2015)年に全国に先駆けて「川崎水素戦略」を策定し、関係企業等と連携した多くのプロジェクトを創出・推進してきました。
昨今のカーボンニュートラルに向けた世界的な潮流の加速を踏まえ、こうした取組を更に加速・拡大すべく、令和4(2022)年3月に「川崎カーボンニュートラルコンビナート構想」を策定しました。
本講演では、こうした本市のこれまでの取組と、今後の方向性について御紹介します。

16:00 - 16:30展示会場ステージ

ENEOSの水素社会実現への取組

中川 幸次郎 氏

スピーカー ENEOS株式会社
水素事業推進部 国内水素サプライチェーングループ グループマネージャー
中川 幸次郎 氏

当社は、2040年長期ビジョンで掲げた「低炭素・循環型社会への貢献」の実現に向けた取組として、CO2フリー水素サプライチェーンの構築に注力しています。
国内外の実証事業に参画し、「海外での水素・キャリア製造」「当社アセットを活用した国内での水素受入・供給」「国内再生可能エネルギーを活用した水素製造・供給」等の検証を進めています。
本講演では、当社の「水素社会実現に向けた取組」についてご紹介します。

11月18日

10:30 - 11:15大ホール

海外のSDGsへの取組と、いま日本に必要な考え方

モーリー・ロバートソン 氏

スピーカー 国際ジャーナリスト モーリー・ロバートソン 氏

2022年現在、SDGsという言葉が少しづつ広まってきている中で、ヨーロッパやアメリカが取り組んでいる目標は何なのか、今の世界のSDGsについてお話しいただきます。
また、国際協調の観点で、SDGsとしてグローバル社会の教養が必要になってきている昨今、日本では政府、企業、団体、個人によって取組が進められてきましたが、日本が今必要なことは何か、モーリー氏の視点から解説いただきます。

10:30 - 11:00展示会場ステージ

ジェトロの海外展開支援に関する取組のご紹介

堀田 萌乃 氏(ほった もえの)

スピーカー 日本貿易振興機構(JETRO)
ジェトロ横浜 所長代理
堀田 萌乃 氏(ほった もえの)

中堅・中小企業等の日本からの輸出や海外進出を、ジェトロ内外ネットワークを駆使して支援します。関係機関、自治体等と連携して、販路紹介、トラブル回避のアドバイス等、企業のニーズや進出段階に応じた支援に加え、海外ビジネスを担うグローバル人材の獲得・定着支援等の様々なビジネス展開ニーズにお応えします。

11:00 - 11:30展示会場ステージ

JICA民間連携事業に関するJICA実務者と民間企業担当者の本音

JICA横浜は開発途上国の問題解決に資する技術、ノウハウをお持ちの神奈川、山梨県の企業様と、現地での調査事業を通じた企業の海外進出を後押しする「中小企業・SDGsビジネス支援事業」を実施中です。本セミナーでは、同事業に参画中の企業のご担当者様と、担当JICA職員の対談を通じ、事業概要、参加企業とJICAの業務の一端をご披露します。事業採択、実施中の苦労話や成功体験などをざっくばらんにお話します。

  • 住吉 央 氏(すみよし ひろし)

    パネラー 国際協力機構(JICA)
    JICA横浜市民参加協力課長
    住吉 央 氏(すみよし ひろし)

  • 大島 洵 氏(おおしま まこと)

    パネラー 国際協力機構(JICA)
    JICA横浜市民参加協力課専門嘱託
    大島 洵 氏(おおしま まこと)

  • 吉村 卓弥 氏(よしむら たくや)

    パネラー ムラタ計測器サービス株式会社
    企画開発部 海外事業室
    吉村 卓弥 氏(よしむら たくや)

11:20 - 12:00大ホール

SDGsの視点から取組を考える

高木 超 氏(たかぎ こすも)

スピーカー 慶應義塾大学大学院
特任助教
高木 超 氏(たかぎ こすも)

2030年までを対象期間とするSDGsも折り返し地点を迎えます。しかし、SDGsという言葉は聞いたことがあっても「どのように取り組めば良いか分からない」という声が企業・団体の皆さんから聞こえてきます。そこで、本セミナーでは、SDGsが有する特徴について解説するとともに、具体的な取組を考えていただけるように「SDGsの視点」についてお話します。

11:30 - 12:00展示会場ステージ

スタートアップへの期待とNEDOの支援事業について

村井 繁樹 氏(むらい しげき)

スピーカー 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
イノベーション推進部 総括グループ専門調査員
村井 繁樹 氏(むらい しげき)

イノベーションを起こすためには、技術を育てる仕組みが必要です。NEDOは技術シーズの発掘の段階から積極的な支援を行い、世界へ羽ばたくスタートアップを応援してます。本セミナーではNEDOが期待するスタートアップ像についてお話します。また、脱炭素や新エネルギーに関する助成事業等、NEDOの支援内容を紹介させて頂きます。併せて、NEDOの助成事業を通じて発展した、スタートアップの事例紹介もさせて頂きます。

13:00 - 13:50展示会場ステージ

「みぞのくち」から始まる 脱炭素アクション!

脱炭素モデル地区「脱炭素アクションみぞのくち」では、高津区溝口周辺地域に脱炭素化に資する取組を集中的に実施し、効果や利便性を実感してもらうことで、環境配慮型のライフスタイルへの行動変容を促進し、脱炭素社会の実現を目指しています。
そこで、脱炭素に関する新しい事業やアイデアの実現を目指す「脱炭素アクションみぞのくち推進会議」のメンバーに、各社の取組と2050年脱炭素社会の展望についてディスカッション頂きます。

  • 佐治 洋子 氏(さじ ようこ)

    パネラー アマゾンジャパン合同会社
    HND6/HND9 サイトリーダー
    佐治 洋子 氏(さじ ようこ)

  • 池田 圭佑 氏(いけだ けいすけ)

    パネラー 富士通株式会社
    未来社会&テクノロジー本部マネージャー
    池田 圭佑 氏(いけだ けいすけ)

  • 庄司 佳子 氏(しょうじ よしこ)

    パネラー 地球温暖化防止活動推進センター
    センター長
    庄司 佳子 氏(しょうじ よしこ)

  • 井田 淳(いだ あつし)

    ファシリテーター 川崎市環境局脱炭素戦略推進室
    室長
    井田 淳(いだ あつし)

14:00 - 14:30大ホール

海外事業計画作成のポイント
~持続可能な海外展開のために~

泉 俊雄 氏(いずみ としお)

スピーカー 中小企業基盤整備機構
中小企業アドバイザー(国際化・販路開拓)
泉 俊雄 氏(いずみ としお)

長期化する感染症の流行、原材料価格の高騰や人材不足など、中小企業を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあります。環境変化に対応して持続的な成長を図るため、企業は事業見直しや再構築の取組を始めています。海外展開もその中の一つですが、様々なリスクを抱える海外事業を円滑に進めるためには、適切な成長戦略に沿った計画づくりが不可欠です。持続可能な海外展開に向け、事業計画作成のポイントについてお伝えします。

14:00 - 14:30大ホール

真のサステナブルとは?『共創』について考える

辻 愛沙子 氏

スピーカー 株式会社arca
CEO、Creative Director
辻 愛沙子 氏

気候危機、エネルギー問題など環境技術に関連する事象にとどまらず、生物多様性、人権、紛争や戦争など、私たちの周りには、看過できない社会課題が溢れています。その中、サステナブル=持続可能の実現を推進し希望を持てる未来であるために、誰が?何を?どうする?か。
人間が作ってきた"今"なのだから、人間が"未来"を変革できるはず。
ひとりひとりが当事者意識を持ち、1歩や1アクションを重ねる意義を考えましょう。

14:40 - 15:40大ホール

「サステナブル実現の鍵を解く」若手実走者たちのパネルディスカッション

多くの社会課題に直面する中、私たちはどうあればいいのか!?そのヒントは、今を生き未来を活かすZ世代にあるのかもしれません。
社会派クリエイティブを掲げ多くの価値創造を実現、海洋環境問題にとどまらずジャンルを超えた様々な共創を推進、脱炭素社会に向けて革新的な技術開発を加速、それぞれの観点と持ち味で社会課題解決に寄与する20代のパネリストを迎え、その思考やアクションを通し、私たちの未来が真に持続可能になるための琴線について、クロストークを展開いたします。

  • 辻 愛沙子 氏

    パネラー Creative Director
    株式会社arca
    CEO
    辻 愛沙子 氏

  • 伊達 ルーク 氏

    パネラー ビジョナリー・ストラテジスト
    NPO法人UMINARI
    代表理事
    伊達 ルーク 氏

  • 村木 風海 氏

    パネラー 化学者・発明家
    一般社団法人炭素回収技術研究機構(CRRA)
    代表理事・機構長
    村木 風海 氏

  • 山岡 仁美 氏

    ファシリテーター 組織変革ファシリテーター
    株式会社グロウスカンパニー+
    代表取締役
    山岡 仁美 氏

15:40 - 16:00展示会場ステージ

川崎市と民間事業者で目指す脱炭素社会実現に向けた行動変容実証の取組

南後 有希 氏

スピーカー 富士通株式会社
未来社会&テクノロジー本部
南後 有希 氏

川崎市と富士通株式会社は持続可能なまちづくりの実現を目指す包括協定のもと、重点テーマのひとつである「環境」において、様々な事業者と連携しながら市民の行動変容を促すための仕組みづくりを推進しています。取り組みの第一段として取り組んでいる市民向けの環境アプリを活用した実証実験についてお伝えいたします。

Page Top